最新のお知らせはありません

会計freeeとAirレジの連携方法

Airレジでは、freee株式会社が提供する全自動のクラウド会計ソフト「freee (フリー)」(以下、会計freeeと表記)と連携できます。
会計freeeと連携することで、営業日の変更時刻後にAirレジでの「売上金額合計」「会計修正金額」「レジチェック時の過不足金額」の情報が自動的に会計freeeに送信され、会計freeeの管理画面上で利用できるようになります。

会計freeeのサービス内容に関しては、会計freeeのホームページをご確認ください。

クラウドERP freee

Airレジと連携するfreeeアカウントの権限が「一般」以上かつ、「すべての口座と部門にアクセスできるグループ」になっている必要があります。
詳しくは下記リンクをご確認ください。

権限設定を行う メンバーが利用できる口座・部門を指定する(グループ管理)

会計freeeとの連携方法

STEP1.Airマーケットから連携申請する

  1. 会計freeeサービス詳細ページを開きます。

  2. 「Airレジと連携する」ボタンをクリックします。

    • 「AirIDでログイン」ボタンが表示されている場合は、先にAirIDでログインします。
    Airマーケット 会計freee Airレジと連携する

STEP2.会計freeeで連携を許可する

  1. 会計freeeのログイン画面が表示されます。登録メールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。

    • 会計freeeのアカウントを持っていない場合は、「まだアカウントをお持ちでない方はこちら」をクリックしてアカウントを登録します。
    会計freee ログイン画面
  2. ログイン後、会計freeeからAirレジとの連携許可を求められます。
    「許可する」をクリックすると連携が完了します。

    会計freee アプリ連携の開始 許可する

STEP3.Airレジで事業所を選択する

連携完了後、「会計freee連携設定」画面を開きます。


Airレジアプリ
  • ホーム
  • 設定 [会計freee 連携]
  • 会計freee連携設定
Airレジ バックオフィス
  • トップページ
  • 設定 [会計freee 連携]
  • 会計freee連携設定

Airレジ上で計上された売上情報を、freeeアカウントのどの事業所に計上するかを設定します。

連携先となる会計freee上の事業所と同じ「事業所」を選択し、「保存する」をタッチします。

  • 会計freee上の特定の部門として売上計上したい場合は、「連携先の部門」から選択し、「保存する」をタッチします。
Airレジ 基本設定 会計freee 事業所名
事業所が未選択の場合

未選択の場合はAirレジ上で集計されたデータが正常に同期されません。
会計freee連携をご利用の際には必ず選択してください。

Airマーケット掲載サービス利用開始後の、ご利用サービスの管理は下記ページをご確認ください。

利用中サービスの管理方法

会計freeeに連携されたAirレジの売上を店舗ごとに区別する

会計freeeで事前に設定した部門を「連携先の部門」から選択すると、その部門の取引として売上が連携されます。
複数の店舗でAirレジを使っている場合、会計freeeに連携された売上がどの店舗のものか区別するためにご利用ください。

Airレジアプリ
  • ホーム
  • 設定 [会計freee 連携]
  • 会計freee連携設定
Airレジ バックオフィス
  • トップページ
  • 設定 [会計freee 連携]
  • 会計freee連携設定

「連携先の部門」で現在ログインしている店舗に対応する部門を選択して「保存する」をタッチします。

Airレジ 基本設定 会計freee

「連携先の部門」で設定した部門は、会計freeeの「品目・部門・メモタグ」欄に表示されます。

会計freee

会計freeeについてのよくあるご質問

「連携先の部門」が設定できない
会計freee上で部門設定を先に行っていますか?

会計freeeに部門を連携する場合、会計freee上の部門を設定をする必要があります。

取引先・品目・部門・メモタグ・備考を設定する

連携しているfreeeアカウントの権限は足りていますか?

会計freeeとの連携は、Airレジと連携するfreeeアカウントの権限が「一般」以上かつ、「すべての口座と部門にアクセスできるグループ」になっている必要があります。
詳しくは下記リンクをご確認ください。

権限設定を行う メンバーが利用できる口座・部門を指定する(グループ管理)

Airレジの1つの店舗の売上を会計freeeの2つ以上の部門に分けて連携したい(例えばドリンク部門とフード部門に分けて連携したい)
2つ以上の部門に分けることはできません

Airレジと会計freeeの連携では、1店舗につき1部門の連携のみ対応しています。

会計freeeに関するお問い合わせについて

会計freeeのヘルプセンターをご覧ください。

freeeヘルプセンター