会計 freeeとAirレジの連携方法

Airレジでは、フリー株式会社が提供する全自動のクラウド会計ソフト「freee (フリー)」(以下、会計freeeと表記)と連携ができます。
会計freeeと連携することで、営業日の変更時刻後にAirレジでの「売上金額合計」「会計修正金額」「レジチェック時の過不足金額」の情報が自動的に会計freeeに送信され、会計freeeの管理画面上で利用できます。

会計 freeeのサービス内容に関しては、会計 freeeのホームページをご確認ください。

クラウドERP freee

クラウド会計 freeeとの連携方法

STEP1.Airマーケットから連携申請する

  1. 会計 freeeサービス詳細ページを開きます。

  2. 「Airレジと連携する」ボタンをクリックします。

    • 「AirIDでログイン」ボタンが表示されている場合は、先にAirIDでログインします。

    AirIDでのログイン方法

    Airマーケット 会計 freee Airレジと連携する

STEP2.会計 freeeで連携を許可する

  1. 会計 freeeのログイン画面が表示されます。会計 freeeの登録メールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。

    • 会計 freeeのアカウントを持っていない場合は、「まだアカウントをお持ちでない方はこちら」をクリックしてアカウントを登録します。
    会計 freee ログイン画面
  2. ログイン後、会計 freeeからAirレジとの連携許可を求められます。
    「許可する」をクリックすると連携が完了します。

    会計 freee アプリ連携の開始 許可する

STEP3.Airレジで事業所を選択する

連携完了後、Airレジの会計 freee基本設定画面を開きます。

Airレジアプリ
  • ホーム
  • 設定[基本設定 会計freee]
  • 会計freee基本設定画面
Airレジ バックオフィス
  • トップページ
  • 設定[基本設定 会計freee]
  • 会計freee基本設定画面

Airレジ上で計上された売上情報を、会計 freeeアカウントのどの事業所に計上するかを設定します。
「会計freee基本設定」画面で、会計 freeeアカウントで登録されている事業所と同じ「事業所名」選択して「保存する」ボタンをクリックします。

Airレジ 他システム連携 基本設定 会計freee

事業所が未選択の場合

未選択の場合はAirレジ上で集計されたデータが正常に同期されません。
会計 freee連携をご利用の際には必ず選択してください。

連携完了後は、Airマーケット上部にある「店舗名」をクリックし、表示されたメニューから「ご利用サービス管理」をクリックします。
「ご利用サービス管理」ページで「会計freee」が表示されていれば、連携の事前設定が完了しています。

利用中サービスの管理方法