TKC FXシリーズとの連携方法

Airレジでは、株式会社TKCが提供する会計ソフト「FXシリーズ」のうち、「e21まいスター」「e21まいスター個人事業用」「FX2」「FX2個人事業用」「FX4クラウド」(以下、連携対象FXシリーズと表記)と連携できます。
Airレジと連携することで、レジ締め時刻後に、Airレジ上のレジデータの情報が自動的に連携対象FXシリーズに送信され、レジからのデータ受信機能を利用した仕訳の計上ができます。

  • Airレジとの連携には、Airレジと連携対象FXシリーズのご利用が必要となります。
  • FXシリーズの詳細に関しては、こちら(外部サイト)をご覧ください。

TKC FXシリーズとの連携方法

  • 下記の手順のご説明、画面の表示例は、連携対象FXシリーズのうち、「FX2」のものです。
    他のソフトウェアをご利用の場合、連携手順の詳細に関しては、貴社を顧問されているTKC会計事務所様にお問い合わせください。
  1. FX2 を起動します。

    FXシリーズ FX2
  2. 自社情報タブの「24 レジからのデータ受信準備」メニューをクリックします。

    FXシリーズ 24 レジからのデータ受信準備
    • レジからのデータ受信準備を行うためには、事前の設定が必要です。
      詳しくは、貴社を顧問されているTKC会計事務所様にお問い合わせください。
  3. 表示されたダイアログの、「レジとの連携設定」ボタンをクリックします。

    FXシリーズ レジからのデータ受信準備 レジとの連携設定
  4. 「レジとの連携設定」ウィンドウが表示されますので、「AirマーケットのFX専用ページへ」ボタンをクリックします。

    FXシリーズ レジとの連携設定 AirマーケットのFX専用ページへ
  5. Airマーケットの「TKC FXシリーズ詳細ページ」がブラウザで表示されますので、「AirIDでログイン」ボタンをクリックします。

    Airマーケット TKC FXシリーズ詳細ページ AirIDでログイン
  6. 画面左部にある、「Airレジと連携する」ボタンをクリックします。

    Airマーケット TKC FXシリーズ詳細ページ Airレジと連携する
  7. 認証画面が表示されますので、連携キー欄で右クリック、貼り付けをし、「許可する」ボタンをクリックすると、連携の事前設定が完了します。

    • Airマーケットの「Airレジと連携する」ボタンをクリックした後、30分以内に、TKCの認証画面で操作を完了してください。
      30分を超えた場合や、ブラウザの Cookie 機能が無効となっている場合は、事前設定の完了ができません。
    Airマーケット TKC FXシリーズ詳細ページ サービス連携確認画面
  8. 連携完了後は、Airマーケット上部にある「店舗名」をクリックいただき、表示されたメニューから「ご利用サービス管理」をクリックしてください。
    「利用中サービスの管理」ページで「TKC」が表示されていれば、無事に連携の事前設定が完了しております。

初回のレジ締め時刻の1~2時間後に、FXシリーズの「レジからのデータ受信準備」-「受信開始日等の登録」メニューでレジとの連携が確認できますので、FXシリーズ側で設定作業を行ってください。